歯の異常に気付いたら!?

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by love-syoko
「8020運動」が意味するように、80歳になっても20本以上の歯が残っていたら、いいことですね。でも、そのためには日々のお手入れが大切! ここでは、ふだんのケアを怠ったために取り返しのつかない結果を招いた私の体験のうち、ほんの一部だけお話ししたいと思います。

STEP1

「中切歯」つまり前歯のセンター部分(上顎のほう)、けっこう差し歯にしている人が多いですね。私も例外でなく、中学2年のときから差し歯にしています。

STEP2

ところが、きちんと治療していなかったため、歯磨きのときはその歯と周辺の歯を避けるようにして磨いていました。そういうことが重なって悲劇が起こります。

STEP3

ほんのちょっとした圧力がかかるだけで、なんの予告もなく根本からポキッ! 折れた歯は、表面はきれいでも、裏面が虫歯になっていることを実感しました。

STEP4

歯科医だけでなく、病院大嫌いの私。その後、どんどん悪くなっていきます。

まとめ

とにかく、歯の存在を軽く思わないでください。ちょっとでも異常を感じたら、できるだけ早く病院へ行って治療を受けてくださいね。

いまから30年ほど前は、社会保険加入者本人は、初診料のみ負担して2回目以降の治療費・無料という、夢のような時期がありました。

そのかわり、歯科医は予約制になっていないところも多く、1回でも治療に行くためには半日仕事でした。そのため、職場への遠慮もあり、なかなか治療に通うことはできなかったものです。

現在は、歯科医があちこちに林立していますし、もちろん予約制も浸透していますので、とにかく治療を受けるようにしてくださいね。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

必要なもの

歯科医への苦手意識をなくすることも大切

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ