通信教育 「単位修得試験」に臨むためのポイントとは!?

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by love-syoko
いよいよ待ちに待ったお楽しみの?「単位修得試験日」。そこで気を付けることとは……。ここでは、恥ずかしい失敗談も交えてお話ししたいと思います。

STEP1

試験会場には、時間的余裕をもって到着できるようにしましょう。電車のなかで仮眠を取ってもいいですし、学習内容に不安がある場合は試験勉強に当ててもいいでしょう。

STEP2

会場へたどり着くと、自分の席を確認。荷物を整理して、試験に必要なものは机の所定の場所に出しておきましょう。学習教材は、試験時間が近づいたらすぐに片づけられるよう、バッグの中に余裕をもたせておきましょう。

STEP3

いよいよ試験開始。私の場合、音楽や数学、英語以外は「記述式」でしたので、とにかく「書くこと」です。わからなくても「書くこと」です。そうすれば、多少の期待はできるかも……。

数学は「公式」を間違わないように! あれを間違ってしまったら、ホント、致命的です……。私の場合、帰りの列車待ちのホームで間違いに気づき、凍りついてしまいました(苦笑)

まとめ

Photo by love-syoko
せっかく試験会場までたどり着いたのですから、想定外の問題がでても絶対にあきらめないで「書くこと」が大切です。

働きながら試験を受けること自体、大変なこと。会場へ向かう電車(当時は汽車)のなかで、最後の追い込みをしました。また、試験途中で抜け出して「とんぼ返り」して仕事をする必要があり、けっこう大変でしたが、それだけにすごく楽しく充実した日々を過ごすことができました。

「大変」ということばを「大きく変わることができるチャンス」にとらえましょう。
試験日が迫っているみなさん、どうかがんばってくださいね!

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

必要なもの

やはり「忍」のひとこと 「楽しい」と考えること

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ