剣道の打ちを早くする練習法。

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

昔、中学時代、剣道少年だった私です。

STEP1<b>【DRAGONBALLの孫悟空のようにw】</b>

剣道の打ちを早くするには、竹刀におもりを付けて素振りを続け、普段から加重をかけて練習をするべきです。

STEP2<b>【もう、びっくり】</b>

おもりを取ったあとの、素振りの軽いこと軽いこと。もう、びっくり。
もちろん、剣道は、素振りだけではいけません。w

STEP3<b>【追加・・・気合いを掛ける事を楽しむ。】</b>

気合い。

気合いのかけかたは、個人差ありますが、自分のモチベーションだけをあげる場合と、そのほか、奇声をあげ、相手を威嚇するというのも、気合いを掛ける事につながります。

気合いの副産物で、かけ声によって相手の意表をつく。自分の気合いのかけ方で自分を楽しむ、周りの状況を変える。変える働きによっての、レスポンスを楽しむ、相手が動じる事があれば、それはそれで、めっけもの。ちょっと大げさだったかな?くらいが丁度良いくらいに、かけ声をあげる。それをやっても、恥ずかしくない状況というのが剣道だけじゃないですが、剣道というものですw

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ