近視が少し良くなるかもしれない目の運動の仕方

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

デジタル機器、特に携帯やパソコンなどの影響で、
視力の衰えを感じる人が増えています。

近視は目の焦点が近い場所で固定されてしまっているが故に
起こります。そこで、動かなくなってしまった目の筋肉を
運動によってほぐしてあげましょう。

眼球を動かすため、
コンタクトレンズの人は外してから行ってください。

STEP1

真上→真下→真左→真右の順に、それぞれ10秒ずつ凝視します。
瞬きをしても構いませんが、顔は動かさず目だけで
上下左右を見るようにしましょう。

STEP2

まず人差し指を立てた状態で、腕を顔の正面に伸ばしてください。

∞マーク、つまり8の字を横に倒した軌道で腕を動かします。
このとき人差し指の先端を、同じく目だけで追ってください。
顔は動かしません。

この動きを3~5回やります。

STEP3再び人差し指を立て、腕を顔の正面に持ってきます。

顔の正面、すぐ間近から徐々に腕を伸ばしていきましょう。
このとき、目の焦点は人差し指に合わせ、目だけで追います。

今度は腕を縮め、顔の正面に戻しましょう。
前後の腕の伸縮をやはり3~5回行います。

この3ステップを1セットとして、
1日に3回程度行ってください。
次第に目の筋肉がほぐれ、近視が若干改善するかもしれません。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ