もしもの災害対策に…安全な住まい作りのコツ

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

 災害時に備えて、家の中をできるだけ安全にしておくためのポイントについて。

STEP1<b>ものは少なくシンプルに</b>

・不要なものは捨てたりしまうなどして、家の中はすっきりさせておくようにする。
・通り道がふさがらないように、出入り口付近や階段の上にものを置かない。

STEP2<b>家具などの防災対策</b>

・窓には飛散防止フィルムを貼り、ガラスが割れた時の飛散を防ぐ。
・大きさに関係なく家具は倒れないよう防災器具で固定しておく。
・停電対策として、階段に畜光性のテープを貼る。

STEP3<b>これからインテリアを考えるときは…</b>

・カーテンやカーペットを買い替える際は、耐火性の強いものなど防災性の高いものを選ぶ。
・照明器具は、つり下げるタイプよりも天井に直接取りつけるタイプが安全。
・装飾品はガラス製など割れやすい材質のものはなるべく避ける。

まとめ

 家の中に安全地帯を決めておくと安心です。天井につり下げタイプの照明器具がなく、窓や家具などから離れている場所がおススメです。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ