十五夜を楽しむ方法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:1176
  • ありがとう数:0

はじめに

もうすぐ十五夜です。
十五夜の習慣を知って、行事を楽しみましょう!

STEP1十五夜とは

旧暦の8月15日を「十五夜」といいます。
秋の真ん中の満月の日です。
2011年では9月12日です。

STEP2お月見だんご

十五夜といえばお月見だんごというイメージですね。
五穀豊穣を感謝して、米を使った団子を丸めて備えます。
数は15個。
一段目は9個、2段目は4個、3段目が2個のせて飾ります。

里芋やサツマイモなどもお供えします。

STEP3ススキ

ススキは稲穂に似ているため、十五夜に飾ります。
ススキと一緒に、秋の七草を一緒に飾ったりします。

STEP4飾る場所

昔ながら縁側がある家なら、月が見える縁側にちゃぶ台を置いて飾ります。
縁側がない場合は、月の見える出窓や窓辺、お庭のガーデンテーブルなどが良いですね。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ