煮込み料理を焦がしたときの対処法

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

シチューやカレー、煮物などをつい焦がしてしまったとき、 ちょっとした対処法を知っていれば、 お料理をムダにすることも味が落ちることもなく、 おいしく食べることができます。

STEP1コトコトお鍋で時間をかけて作るお料理

男性やお子さんに大人気なので、腕によりをかけて作りたいです。
でもついうっかり時間を忘れ、お鍋の底に焦げ付かせてしまうことも多々あります。

STEP2でもこういう時こそ!

慌てずそのまま作り続けず、まず火を止めてお鍋を下ろします。

具がお鍋の底に引っついてもまだ焦げているわけではない場合や、
焦げているけどそんなに大したことがなかったという場合は、
まだ救済処置が取れます。

STEP3必ずすること。

別のお鍋を用意し、焦げのついていない部分だけを移し替えて、
新しいスープや出し汁を入れなおしてから、作ります。
こうするだけで焦げ臭さをなくし、おいしく仕上がります。

まとめ

焦げ付きが大したことがなくても、そのまま続けて作ってしまうと、 焦げ臭いにおいがついて、おいしくなくなってしまいます。 お料理に失敗はつきものと思って 対処法を覚えておけば、失敗は抑えられます。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ