縄跳びの3重飛びを連続して飛べるようになるコツ

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

健康にいい縄跳びですが、3重飛びは中々上手くできないものです。
12回までは出来るけれど、それ以上の連続は難しいと感じるときに、飛べるようになるコツをご紹介します。

STEP1<b/>【子どもがスポーツをする理由】</b>

学校で体育の授業があり、スポーツをする理由は、体の発育を促進するほかに、スポーツを通し、他者とのコミニュケーションや協調性を保つ意義があります。
また、順位を競うことで、競争意識が芽生え、張り合いが生まれます。

STEP2<b/>【大人がスポーツをする理由】</b>

大人がスポーツをする理由は、 健康維持やダイエットのためです。
大人も他者と競技を競うことで、生活に張りが生まれ、仕事への意欲が高まります。
スポーツで体を動かすと、代謝がよくなります。

STEP3<b/>【有酸素運動】</b>

縄跳びは、手軽な有酸素運動です。筋力トレーニングや瞬発的な運動等より、
脂肪の燃焼が促進されます。運動が苦手なひとも、手軽にできます。

STEP4<b/>【選び方と飛び方】</b>

ロープは、ビニール製のものが飛びやすく、グリップが長めの方が連続飛びに適しています。軽すぎると空気抵抗に負けるため、適度な重さのものがいいのです。
脇を締め、ロープを手首で回し、真っ直ぐ前を向き、姿勢を正し、膝を曲げすぎないようにします。

ロープを持たずに、ジャンプしながら「タ・タターン、タ・タターン」と手を叩きながら、連続飛びを意識してジャンプをします。
それらを行ない、飛べる自分をイメージして練習します。
そうすると、飛べるようになります。

まとめ

●学校だけで覚えられないときは、スポーツクラブや体育学校などの学生に教えてもらうと、よいアドバイスを受けられます。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ