Evernote ノートブックを特定の人にだけ公開する方法

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

今回は、Evernoteの仲間内でのネタ公開のお話です。

STEP1<b>【まずは共有するノートブックを】</b>

Photo by maneki-neko3939
共有するノートブックを右クリック(今回、僕はATOK Padを指定します。)で選択してプロパティを選択します。

STEP2<b>【ノートブックのプロパティ】</b>

Photo by maneki-neko3939
ノートブックのプロパティが出て、「共有、共同作業の設定」のリンクがあります。そこをクリック。

STEP3<b>【設定のホームページが・・・】</b>

Photo by maneki-neko3939
ノートブック共有の設定のホームページが立ち上がり、ノートブック:自分が指定したノートブック(今回はATOK Pad)であることを確認。特定のユーザーと共有の欄で「+このノートブックに他のユーザーを招待する」をクリック。

STEP4<b>【最後に招待状を送信!】</b>

Photo by maneki-neko3939
特定のユーザーと共有の欄で、
「招待するユーザーのメールアドレス」でアドレスを記述。
「招待するユーザーの権利」で、閲覧のみのボタンをクリック(共同で編集するは、有料のサービスになります。)
メッセージ:(オプション)で相手に伝えたい言葉をかき、
「最後に招待状を送信」クリック。

STEP5<b>【まとめ】</b>

Evernoteは、使い方によっては、宝の山になります。
今までは自分のパソコンのウインドウのメモ帳に気になるキーワードを書き、検索をかけて。と言うような使い方をした方々もいらっしゃると思いますが、Evernoteはそれに、ホームページのストックを使いやすくしたもので、検索も普通に早いです。一部(すみません。ここに訂正いたします。9/3 夜)のファイル等々は、有料サービスでないと、保存出来ないですが(MSオフィスは保存できました。)、無料でも、かなり使い勝手がいいです。有料だとみんなで編集もできます。

Dropboxは、データを何でもかんでも入れるおもちゃ箱に対し、Evernoteは 思い出すために必要なすべての情報を紐付けできる。ホワイトボードにみんなが整理して書き込んでいく事ができる。と言うことです。

--ここから、引用--
現在ハードディスクにどんなファイルがどんなフォルダ構造で入っているのかを数年後に思い出したいとはあまり思わないはずです。ハードディスクのなかのファイル構造は、いま便利であることが求められているわけで、覚える意味はないのです。これが Dropbox の領分です。
数年後になっても思い出したいのは、ファイルではなくてその中身であり、情報園そのものです。それはウェブページであったり、一枚の画像であったり、ちょっとした記憶の断片であったりします。これこそが、Evernote の領分なのです。

まとめは、このHPから引用させていただきました。

http://cyblog.jp/modules/weblogs/3657


さて、これにてお開きです。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

必要なもの

暇な時間。好奇心。

特集


OKWAVE若者応援スペシャル企画

ピックアップ

ページ先頭へ