小さな子どもと犬のいい関係をつくる方法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:340
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by smap1
お子様の教育としても犬の果たす役割は大きく、正しく飼えばよい関係を築くことができます。

STEP1やってはいけないこと

犬も人間の幼児も親の愛情に対しては大変どん欲です。大型犬などを買う場合、危ないからといって大人だけで世話を行うことは避けましょう。犬はおよそ5才児程度の知能を持っているといわれます。子どもと犬を分けてしまうと、その家庭には2つの群れができてしまいます。

STEP22つの群れになってしまうと

大人だけが犬を飼い、子どもを阻害すれば、子どもは犬に親の愛情を奪われたと感じてしまいます。また、犬にとっても、子どもは自分の大切な環境を破壊する邪魔者になってしまいます。

STEP3犬の立場

犬は家庭内での順位を一番下にしておくのが最良です。犬を家族に迎えるときに、家族全員で教育方針や飼育方法を話し合い決めておきましょう。

まとめ

photo by 写真素材足成

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ