周囲に可愛がられる犬にする方法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:225
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by smap1
周囲の方々が、あなたの愛犬を可愛がってくれたらトラブルを回避することができます。そのためには飼い主さんの努力が必要です。

STEP1抜け毛の飛散に注意

公園などでのブラッシングに注意しましょう。犬の毛は、多少の雨風では風化しません。吹きだまりなどに毛がたまっていることや、キレイなはずの池の表面を覆っていることもあります。公園でブラッシングをする場合には、風のない場所で行い、抜けた毛は袋にとり持ち帰りましょう。また、自宅の庭でも隣近所に毛が飛散していないか注意しましょう。

STEP2おしっこの迷惑

飲食店の前の電柱や、お店の看板、手入れされた花壇などにオシッコをされて喜ぶ人などいません。オシッコをガマンさせることは出来ます。走っているとき、座っているときはオシッコをしません。オシッコをしては迷惑になる場所は、犬と一緒に走ったり、信号待ちではオスワリをさせるなどし、迷惑にならない場所まで誘導させましょう。

STEP3ノーリード

飼い主さんから離れないようにシツケを行なった犬でも、周りの人から見てもわかりません。すべての人が犬を好きな訳ではありません。恐怖心を抱く人もいるのです。公共の場所ではリードを短めに持つことで、周りの人に安心感を与えることが出来ます。

まとめ

photo by 写真素材足成

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ