知ってるようで意外と知らない目薬のつけ方

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

長時間モニターを見ている人やドライアイ気味の人は、
だいたい目薬を使用しているのではないでしょうか。

しかし、ぱっと点眼しておけばよいと思っていませんか?
それでは効果が弱くなってしまいます。

そこで知っている人には当たり前の、目薬のつけ方です。

STEP1

指でまぶたを開きます。これは上下でも、下だけでも構いません。

そして点眼します。箱には1~2滴と書かれていますが、
1滴だけで十分な効果が得られます。
多すぎる場合は養分が吸収されないため、意味がないのです。

まぶたを開けるのが苦手な人は、目の部分に落とさなくともOK。
目頭や目尻に点眼して、その雫を顔を動かして目へ流し込みます。

STEP2点眼する際は、まつげに目薬の容器の先が

くっつかない程度に離しましょう。
目薬内に雑菌が入るのを防ぐためです。

目薬がまぶたに入ったら、1~2分程度目を閉じます。
これは薬剤を浸透させ、目を休めるためです。
点眼した後は、すぐに目を開けないようにしましょう。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ