川遊びで危険を避ける方法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:4042
  • ありがとう数:0

はじめに

暑いこの季節は川遊びが気持ちいいですが、水難事故には気を付けたいものです。
川遊びで危険を回避する方法をお教えします。

STEP1<b>安全に遊べる場所を調べる</b>

夏になると街から川遊びに訪れる人が多いような川では、
必ずと言っていいほど事故の起こりやすい危険な流域があります。
流れが速かったり、水深が急に深かったりと理由は様々ですが、
そのような場所で遊ばないことが一番重要です。
一番確実に危険な場所を調べる方法は、川沿いの地元の人に聞くことです。
たくさんの人が川遊びをしている川原でも、
地元の人ならまずそこで遊ばない場所だったということもしばしばあります。

STEP2<b>天気と水量に気を配る</b>

特に山間部の川や上流にダムのある川では、
雨や放流による急な増水に注意が必要です。
現地は晴れていても上流で大雨が降り、急に増水などするケースもありますし、
前日までの雨で川が増水してて流れが速いケースなども危険です。
出発前には天気予報を調べておきましょう。
当日の天気が不安定な場合や、前日まで雨で増水してる場合は、
無理に出かけないのが危険を回避する最良の方法です。

STEP3<b>海やプールとの違いを意識する</b>

川は海とは違い浮力が弱いです。
海水浴と同じつもりで泳ぐと、思わぬ事態が起こる可能性もあります。
また普通のプールとは違い、自然の流れがあります。
川の形状や場所によっては一部だけ流れがとても速く流されやすい場所などもあります。
このあたりの川の特性を把握したうえで出かけるとよいでしょう。

まとめ

川遊びをする前に地元の方からアドバイスを受けるのはとても有効な手段です。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ