ぬいぐるみが捨てられない、を解消する方法

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

小さい頃から大事にしてきたもの、出かけた時に気に入って手にしたもの、ぬいぐるみとの出会いは色々あると思いますが、ここでちょっと、家の中を見渡して見て下さい。居場所を失っている子は居ませんか?「可愛い」と思ったことがあるからこそ愛着が沸き、捨てづらいのです。そこで、少しでも気持ちよく送り出せる方法をご紹介します。

STEP1手元に残すものを決める。

まずは家中のぬいぐるみを集めてきて、ひとつずつ手に取ってみましょう。
その時、すぐ可愛い!だとか撫でたくなるものだけ残すんです。それは時が経っていても、必要だということです。反対に、どうしようと迷いが出たものは思い切ってさよならの候補に入れましょう。

STEP2貰い手を探す。

STEP1で残念なことに、さよならすると決めたぬいぐるみですが、落胆するのはまだ早いです。自分にとって必要ないものでも、誰かにとっては必要である場合もあります。対面方式で譲りたいならフリーマーケット、売り手に任せたいならリサイクルショップ、といった風に時間と労力は使いますが、喜ばれる可能性も残っています。

STEP3汚れがひどいもの、傷んでいるものに関して。

中には、貰い手を探すのも無理なものもあるでしょう。ぬいぐるみには私達と同じように顔があります。ポイッと捨てるのも心苦しいものです。一般ごみに出す場合には通気性の良い布で包みましょう。また、ネットで検索すると人形供養してくれるお寺や神社を見つけることもできます。

まとめ

ぬいぐるみにも魂が宿る、と言われています。いずれの方法を選んだとしても感謝の気持ちを忘れないようにしましょう。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


OKWAVE若者応援スペシャル企画

ピックアップ

ページ先頭へ