英語で手紙やメールを送るときに使える言い方

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

英文を書くのが面倒だったり苦手でも、手紙やメールをもらったお友達は絶対に喜ぶでしょう。ビジネスでは大事な返事がもらえないときなど、イヤでも催促メールを送らなくてはなりませんよね(^^;)手紙・メールは決まった言い方を知っておくと、便利です。

STEP1<b>件名</b>

メールの場合ですが、ビジネス・レターであれば「【自分の名前】 from 【会社名】」。友達であれば「Hi from Tokyo!(東京からハロー!)」のようにユーモアがある感じもいいですね。

STEP2<b>使える言い方1</b>

冒頭でも終わりの方でも使えますが、「全てが上手くいっていることを願っています」というような意味の言い方です。「Hope all is well with you」「Hope everything is going well with you」のような言い方があります。「with you」だけでなく「with you and your family」とすると、相手の家族も気遣う言い方になります。

STEP3<b>使える言い方2</b>

「近況を教えてください」という言い方です。「Let me know what you've been up to」「Let me know how you're doing」などがあります。最初に「Please」を付けてもOK!

STEP4<b>使える言い方3</b>

「身体に気を付けてください(ご自愛ください)」という意味の「Please take care of yourself」や「Please take good care of yourself」は文末に使うと良いでしょう。カジュアルな言い方は「Take care!」です。

STEP5<b>返事を催促</b>

返事を催促する言い方はいくつかあります:

Write me when you can(時間あるときに返事ちょうだい)
Look forward to hearing from you(返事を楽しみにしてます)
Hope to hear from you soon(すぐに返事もらえるといいなぁ)

STEP6<b>返事を強く催促</b>

ビジネスでなかなか返事をもらえない場合は……「ふざけんな!」とキレる前に、以下のような言い方を試してみてください↓

Please write me back by Friday(金曜までに返事をください)
I'd appreciate it if you could write me back by next week(来週までにお返事いただければ幸いです)

両方とも丁寧な言い方であると同時に、期限を突きつけているので効果ありますよ♪

まとめ

英作文が苦手な人や初心者でも、特有の言い回しを知ることで、手紙やメールを書くことがかなり楽になるはずです。 もらったメールに返事を書くときは、こちらを参考にしてみてください↓ 「英語のメールに返事を出すときに使える言い方」 http://okguide.okwave.jp/guides/61680

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ