身近な物を入浴剤にする方法

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

ドラッグストアやバラエティショップに行くと、様々な入浴剤が売られていますよね。 すぐ身近にあるものでも入浴剤になって、その効用も様々です! ただし、注意する点はその日のうちにお風呂のお湯を全て捨てること! ボイラーを悪くする場合もありますので、お風呂から上がったらお湯を抜き取ること を忘れないで下さい。 では、芸能人もオススメの身近な入浴剤のご紹介です!

STEP1◆日本酒

藤原紀香さんもやってるらしい日本酒入浴剤。新陳代謝が上がって、老廃物を出しやすくし、さらには肌もスベスベになるそうです。
私はお酒が飲みたくなりました(笑)

STEP2◆赤ワイン

川嶋なおみさんオススメの方法です。ワイン好きの方らしい発想ですよね!これもやっぱりアルコールだからか、基礎代謝がよくなり体がポカポカ。肌もスベスベするそうです。私はお風呂に入れずに飲みきりました^^;

STEP3◆牛乳

クレオパトラが好んだと言われています。肌がしっとりとします。
牛乳を入れたらすぐにお湯を捨てないと、翌朝とても臭いのでご注意!

STEP4◆塩

ミネラルを含んでいるために、体を心から温めます。高級な天然塩を使うとより一層効果も高まるみたいです。

STEP5◆ショウガ

薄くスライスしたものをガーゼ等に包んでお風呂に入れます。こちらも新陳代謝がよくなります。ゆっくりと入ることで湯冷めもしにくくなるので、これからの季節にオススメですね!

まとめ

色んなもので試してみると楽しいかもしれません!

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ