暑さに負けないで!自宅で首を冷やし続ける方法

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

この猛暑の中、仕事や家事をしながら家の中でほとんど1日を過ごされている方、特に冷房なしで頑張っている方は、首の後ろを冷やしましょう!頭を冷やさないと何も考えられなくて、はかどらないですよね?何か作業をしているときは大体手がふさがっているから、扇子やうちわで扇ぐのも難しいし……。家にいるメリットは冷蔵庫・冷凍庫がいつでも使えること!それを利用して、手が自由な状態で首を冷やせる方法を考えましょう♪

STEP1<b>首用の冷却ベルト</b>

<熱さまひんやり首もとベルト>のようなものを、できれば2つ購入します。安いと600円ぐらいで買えます。なぜ2つも必要かというと、冷たさが1-2時間しかもたないのに、再び冷たくするのに3-4時間もかかってしまうんです。だから交互に使うために2つあると便利ですよ。

STEP2<b>保冷剤も使う</b>

首用の冷却ベルトも、ずーっと首を冷やすためには2つじゃ足りないですよね。だから保冷剤も利用します。お店などでもらえる保冷剤を取っておいて、冷凍庫で冷やしておきましょう。そして冷却ベルト専用のジェルパックを冷やしている間は、ベルトに小さい保冷剤を3-4個詰めて代用します。

STEP3<b>タオルも使う</b>

それでも足りなくて、ジェルパックも保冷剤も冷やし中……という時間帯があるかもしれません。そういうときのために、濡らして絞ったタオルを2枚ほどビニール袋にでも入れて、冷蔵庫で冷やしておきます。冷たすぎても平気な方は、冷凍庫でもいいです。ハンドタオルでもいいんですが、フェイスタオルぐらいの大きさの方が首にかけられるので、手が自由に使えて楽ですよ♪

濡れタオルは、こちらのガイドを参考にさせていただきました↓
「夏の暑さから身を護る簡単で安上がりな方法」
http://okguide.okwave.jp/guides/59470

STEP4<b>濡らすだけでひんやりのタオル</b>

上記のステップが面倒!ということであれば、<Eco & Cool アイスパッド>のような、水に濡らして軽く絞るだけでひんやりするタオルがおすすめ♪1000円前後で買えます。最大のメリットは冷えるまで待つ必要がなく、水で濡らすだけでいい点。でも上記の3つの方法に比べるとひんやり感は少し低いので、気温が30度前後のときにおすすめです。

まとめ

家で快適に過ごすその他の方法は…… 涼しい格好をすることですね。裸足に薄い綿のタンクトップ&ズボン(お洒落ステテコ、ルームウェア、パジャマの下など^^;)はかなり楽ですよ♪ステテコはこちらのガイドに紹介されています↓ 「ユニクロで購入できるステテコ各種」 http://okguide.okwave.jp/guides/59408 水分補給も重要ですが、いちいち冷蔵庫まで取りに行っていると作業が中断されちゃいますよね。500mlのペットボトルに麦茶などを詰めて机に置いておくと、少し持ちますよ。それじゃあ温くてやだ!という人は、冷凍庫で凍らせておきましょう。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


OKWAVE若者応援スペシャル企画

ピックアップ

ページ先頭へ