カメラを上手に飲むコツ

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:0
  • ありがとう数:0

はじめに

胃カメラや鼻から入れるカメラは、大人も嫌です。 しかし、胃の調子が悪かったり、喉の調子が悪かったりすると、受診して診て貰ったほうがいいのです。苦手意識を払しょくして、、上手にカメラを飲むコツをご紹介します。

STEP1<b/>【異変】</b>

からだの異変に気づいたら、病院へ行きます。
素人判断は、悪化することがあるので良くないのです。
二日酔いを除き、胸焼けや胃もたれ、声枯れなど、いつもと違うと感じたら受診します。
何科がいいか判らない時は、近くの病院へ行きます。

STEP2<b/>【胃カメラ】</b>

胃の調子が良くない時は、胃カメラで検査してもらいます。
バリウムより鮮明な画像が得られ、下剤の服用がないのが特徴です。
受診前に食事を採らないほうがいいです。
食事を採っていなければ、その場で検査ができます。

STEP3<b/>【声枯れ】</b>

喉が弱い人は、風邪を引くと喉を傷めます。
カラオケで熱唱したときとは違い、だれが聴いてもかすれている場合は、喉の奥を傷めているため、カメラで診て貰います。
その症状により、お薬が違うので、カメラで診て貰うことをお勧めします。

まとめ

●勇気と度胸が必要です。 ●受診前には、食事を採らないほうがいいです。 ●胃カメラは、カメラを飲む前に喉に液体の麻酔をします。 ●どちらも医師の指示通りにし、肩の力を抜いて検査を受けます。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

ピックアップ

ページ先頭へ