休みの日に早起きをする方法

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

普段は早起きをしていても、仕事や学校が休みの日にはつい遅くまで寝てしまうこともありますよね。
休日も寝坊せず早起きして、朝からシャッキリと活動しましょう。

STEP1<b/>夜更かしを我慢する</b>

次の日が休みのときは、寝る時間が遅くなりがちです。
休みという開放感から、つい遅くまで起きていたくなることもあります。

しかし、夜更かししたい気持ちをぐっと我慢することが大切です。
やりたいことは次の日に取っておき、早めに寝ましょう。
明日に楽しみがあると思うと、ワクワクした気持ちで寝ることができます。

STEP2<b/>目覚ましをセットする</b>

休みの日は心ゆくまでぐっすりと眠りたいものです。
睡眠をしっかり取り、体を休めるのは大切です。
しかし、うっかり寝すぎてしまうことも。

寝すぎてしまうと逆に体がだるくなってしまいます。
睡眠時間をしっかり確保した上で、寝すぎないように目覚ましをセットしておきましょう。

STEP3<b/>休日に早起きする効果</b>

早起きすると気持ちのいいものです。
特に休みの朝は、仕事や学校がある時とは違う雰囲気と開放感があります。

起きたらまずはカーテンを開け、休日独特の朝の空気を味わいましょう。
散歩に行けば、休日ならではの雰囲気の朝を楽しむことができます。

また、朝早くから動くことで、休みの日をフルに楽しむことができます。

まとめ

早起きをして、休みの日を満喫しましょう。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ