乳幼児の痰を出しやすくする方法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:138460
  • ありがとう数:0

はじめに

乳幼児は自分で痰を排出することができないので、痰が絡んだ咳が長引いてしまうことがよくあります。なるべく、痰が出やすいようにして、苦しさを減らしてあげたいですね。

部屋を加湿し、水分を多く取らせる

水分により痰の粘度を下げることで、痰を出しやすくします。

部屋は乾燥しないように加湿器を置いたり、洗濯物を干したりしてください。
車の中は意外に乾燥しているので、車移動する際には濡れタオルを置くなどの工夫をします。

水分は、白湯や麦茶など、どんなものでも良いので、少しずつ飲ませてあげてください。「少しずつ、こまめに」が理想的です。
咳が出ている場合はむせてしまわないよう、見守ってあげてください。

また、咳をしすぎて嘔吐したときは苦しげで心配ですが、一緒に痰が出てきている場合が多いです。「痰を出すために赤ちゃんなりに頑張ったんだ」と思って下さい。

タッピングをする

咳が出た時に、タイミングよく背中(肩甲骨の真ん中あたり)を、少しだけ強めにトントンとタッピングします。ミルクやおっぱいを飲んだ後にゲップをさせる時の感じが近いです。咳と一緒にゲホッと痰が出てくる場合もあります。

子供が嫌がらなければ、誤飲した場合に物を吐かせるのと同じく、頭が肺よりも下がる格好で抱きかかえ、背中をタッピングしてください。より痰が出やすくなります。(ただ、咳が出て気分が悪いのにそんなことをすると、泣いたり怒り出したりする可能性が高いので、おすすめはできません。)

医者で吸引してもらう

部屋を加湿し、水分も取らせ、タッピングもした…それでも出ない。
残念ながら、何をやってもダメな場合もあります。

あまりに苦しそうな場合には、小児科や呼吸器科で痰を吸引してもらいましょう。
鼻水吸引器のように家庭でできる物があればいいのですが、痰の吸引は医療行為なので、家庭では行うことはできません。

痰を吸引すると嘔吐しやすくなります。吸引前には母乳、ミルクや離乳食を与えるのは控えましょう。

まとめ

加湿や水分を取るのは風邪にも良いので、ぜひ悪化する前にやってみてください。

関連するタグ

必要なもの

水分

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ