ガス代をカットする方法

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by 月くらげ
ガスを使うのは主にキッチンです。
少しでもガス代を安くするために、効率よくガスを使う方法を紹介します。

STEP1<b/>「底の広い鍋を使おう」</b>

底が広い大きめの鍋は、ガスコンロの火をしっかりとカバーするので熱効率がよく、ガス代節約につながります。
お湯が沸くスピードに関しても、小さい鍋に比べて格段にアップするのです。
底の広い鍋がない場合は、代わりにフライパンを活用することができます。

特にパスタの調理なら、大鍋よりもフライパンの方が経済的なのです。底が広いので早くお湯が沸く上に、お湯の量も少なくて済むので水道代の節約にもつながります。
フライパンでお湯を沸かすときは、蓋をするのを忘れないようにしてください。

STEP2<b/>「野菜の下茹では電子レンジで」</b>

少ない野菜なら電子レンジで茹でることができます。
少量ならガスコンロでお湯を沸かして茹でるよりも、電子レンジの方が早くて経済的なのです。
お弁当用にマッシュポテトを入れたいとき、1個のジャガイモなら、電子レンジで3分程度熱したらホクホクになります。
葉ものの野菜ならもっと少ない時間で茹でられるでしょう。

洗い物も減らすことができて節水にもなるので、少ない野菜の下茹でには電子レンジを活用しましょう。

電子レンジを使うときは、温めるものを真ん中に置かないと均等に温まらないので注意してください。

STEP3<b/>「グリルを利用しよう」</b>

グリルといえば魚を焼くイメージがありますが、実はそれだけではないのです。
フライを温めたり、さつま揚げを焼いたりと、工夫次第でさまざまな使い方ができます。

冷凍のハンバーグやコロッケだったら、電子レンジで解凍するよりもグリルで加熱した方がカリッと仕上がって味もいいです。
魚を焼くついでに隣でコロッケを温めれば、電子レンジを使う光熱費を節約でき、手間も省けます。

朝の忙しい時間や、お弁当を作る時などは、グリルでまとめて焼くことをおススメします。

まとめ

臨機応変にガスコンロと電子レンジを使いましょう。

Photo by 著者

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

必要なもの

ガスコンロ、電子レンジ、グリル

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ