冬至に食べたい食べ物・かぼちゃ以外に。

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

冬至に食べると言えばかぼちゃですが、それ以外にも食べるとよいと言われるものがあります。

STEP1そもそも冬至にかぼちゃを食べる風習とは、

風邪をひかなくなる、お金に困らないことを祈っているそうです。
風邪をひかなくなる、というのはよく知っていたのですが、金運を祈るためというのは最近まで知りませんでした。

STEP2

かぼちゃを冬至に食べるわけは、ビタミンAやカロチンの豊富に含まれているため、寒い冬に備えようということなのですが、そのほかにも「ん」のつく食品を食べるとよいという言い伝えがあります。
たとえば、だいこん、こんにゃく、にんじん、みかん、うどん、こんぶ、れんこん、きんかん等です。
どれもこの季節のものでビタミン・ミネラル豊富なものばかりで体に良さそうです。

まとめ

冬至には柚子湯にはいる習慣もありますが、血行促進効果が高く風邪の予防になるからといわれています。
「融通よく暮らせるように。」という語呂にもなっているとのこと、面白いですね☆

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ