死亡診断書が発行されない場合の対処法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:618
  • ありがとう数:0

はじめに

亡くなったら、死亡診断書が出るわけではありません

STEP1◆亡くなった証明

人が亡くなったら、亡くなった証明書が発行されます。
それを発行してもらわないと、葬儀ができません。

正確には、葬儀やお通夜の為に、遺体を動かす場合には、
証明書が必要になります。
人殺しをして、遺体を運んでいる、ということを無くすため
にも、専門家が亡くなっていることを証明した、という
証が必要なんです。

STEP2◆どこでどのように

ほとんどの場合、人は病院などの医師のいる場所で
亡くなります。
病気や事故の場合でも、運ばれるのは病院です。
臨終を医師が看取ってくれた場合、その医師が
死亡診断書を発行してくれます。

STEP3◆死亡診断書がもらえない場合

部屋で亡くなっていた、事故現場で亡くなった、という
場合には、医師が臨終を看取っていません。
この場合には、死亡診断書は発行されません。

一旦、変死、ということで検察に遺体が運ばれます。
死因を調べ、事件の可能性を確認するためです。
その上で、死亡診断書ではなく、死体検案書、というものが
発行されます。
これが、死亡診断書同様に使用できます。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ