初めて個人での海外旅行・パスポートの修得

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

パスポートは海外で身分を
証明する唯一の公文書。
これがないと、日本を
出国することも海外に
入国することもできない。
パスポートは20歳以上の
人は5年間有効なものと、
10年間有効なものと
選ぶことができる。
有効期間ないは当然の事
何度でも利用できる。

※但し、既に取得されている人でも、
渡航先によっては、有効期間が少ないと
入国できない場合もあるので、
自分のパスポートの有効期限が
どれだけ残っているか確認して
おく必要がある。

STEP1申請に必要なもの

1. 一般旅券発給申請書 1通
申請書はパスポート申請窓口で
入手できる。申請書は5年有効な
パスポート申請用と10年有効な
パスポート申請用の
2種類に分けられる。
※20歳未満の人は、
5年有効なパスポートしか
申請できない。

STEP22. 戸籍謄(抄)本 1通

申請日前6ヶ月以内に作成されたもの。

STEP33. 住民票の写し1通

※本籍の記載が必要。
申請日前6ヶ月以内に作成されたもの。

STEP44. 写真 1葉

縦45ミリメートル×横
35ミリメートルの縁なし、
無背景(薄い色)の写真。
※申請日前6ヶ月以内に撮影されたもの。
無帽で正面を向いたもので、頭頂からあごまでが
34±2mmであるなど申請書に
記載されている規格を満たしていることが必要。
写真の裏面には申請者の氏名を記入。
※記入の際は表面にインクが
にじまないように、また凸凹が
出ないようにご注意する。

STEP55. 郵便はがき(日本郵政公社が発行する通常はがき) 1枚

未使用のもので宛先として
住民票に記載されている申請者の住所、氏名を記入。

STEP66. 申請者本人に間違いないことを確認できる書類

運転免許証などであれば1つ、それ以外の保険証であれば
2つ提示を求められる場合がありる。

STEP7以上のパスポート申請に必要な

書類がそろったら、住民登録を
している都道府県のパスポート
申請窓口で申請する。

STEP8パスポートは

申請から受領までに、通常1週間程度
(土・日・休日を除く)かかる。
パスポートを受け取る時には
本人が本人を証明するものを
持参し交付(申請)
窓口に行かなければならない。
また下記のものも持参する。

1.日時・窓口を記載した受領指示ハガキ
(申請した後、数日で自宅に届いたハガキ)

2.申請の時に渡された受理票(受領証)

3.手数料(必要額の収入証紙及び収入印紙)
(10年は16,000円、5年は11,000円)

念のため、申請に使った印鑑も持参
したほうが良い。

まとめ

私が初めて海外に個人旅行したのは
イタリアとスイスだった。
パスポート申請には時間が
かかるので、余裕をもって申請しょう。

パスポートを受け取る際には
本人を証明するものを持って
いかないと絶対に受け取れないので
忘れないように!

外務省の公式ホームページ
でも詳細が掲載されている
のでそちらも参考に!

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

必要なもの

上記のもの

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ