なすの皮を捨てずに食べる方法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:1414
  • ありがとう数:0

はじめに

なすの皮を剥いて使う料理があります。ところで、その剥いた皮自体はどうするのでしょうか?

なすの皮にはアントシアニンやポリフェノールなど、体に良い成分がたくさん含まれています。
栄養満点の皮は捨てずに食べましょう。

STEP1<b/>浅漬けやぬか漬けに</b>

○浅漬け○
塩をかけて揉み、半日ほど寝かせれば完成。
ナス独特のアクがお好きな方にはオススメです。

○ぬか漬け○
ぬか漬けに普通に漬け込みます。
皮だけだと薄いので、早く味がしみこみます。
数日間漬け込んだりすると、塩辛くなってしまうことが多いのでご注意ください。

STEP2<b/>炒め物に</b>

○炒め物○
通常の野菜炒めを作るときに、一緒に入れます。
手軽に美味しくいただけます。

○きんぴら○
また、皮を細く切ってきんぴらにしても美味しくいただけます。

STEP3<b/>茹でる・お浸しに</b>

○お浸し○
なすの皮をお浸しにしても美味しいです。

○茹でる○
ただ単に茹でて、醤油などをかけて頂くこともできます。

○佃煮○
皮が薄ければ、佃煮のように煮含めても美味しくいただけます。

STEP4<b/>その他</b>

○味噌汁○
味噌汁に入れて、手軽に食すこともできます。
味は美味しいですが、紫色の色素が汁にでてしまい、味噌汁の色が灰色っぽくなります。

まとめ

なすの皮はちょっとした工夫で簡単に食べれます。
ぜひ捨てずに食してください♪

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ