インド綿 製品別の特徴を知って楽しむポイント

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

最近では身近にインド綿の製品が増えてきました。
インド綿は布団をはじめ、マット、Tシャツ、タオルなど、幅広く使われています。

STEP1<b/>インド綿の特徴</b>

インド綿といっても産地によって、名称や品質が異なり、値段もバラバラです。
滑らかで絹のような肌触りのものから、ざっくりした生地までさまざまです。
出来れば実際に手にとって、確かめてから買いたいものです。
しかし、どのようなタイプの生地でも、その良さや特徴を生かした製品があります。

STEP2<b/>マット・カーテンなど</b>

多少品質の悪いものは、マットやじゅうたん、テーブルクロスやカーテンなどのインテリア生地としての利用されることが多いです。
ふとんやクッションカバーにもよく用いられます。

品質が悪いといっても悪質な生地という意味ではありません。
なめらかな生地ではなく、ざっくりとした生地になります。
逆にその風合いが、インテリア生地として味があります。

STEP3<b/>Tシャツやチュニックなど</b>

手触りが良い。やわらかいの特徴です。
サラサラとした着心地で、肌触りもよいです。
汗をよく吸い取り、通気性も良いので、夏にぴったりです。

STEP4<b/>タオルなどパイル地に</b>

本来はサラサラとした綿の布地ですが、起毛地にしたり、パイル地に仕立てれば、空気を含んでふんわり暖かい生地にもなります。

STEP5<b/>洗濯時の注意</b>

インド綿の特徴として、色落ちや他の服への色移りをしてしまうものがあります。
洗濯するときは、一度単独で洗って色落ちしないか確かめましょう。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ