♪ナスで健康になる方法♪

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

夏の季節野菜の代表格でもあるナス。
煮ても、焼いても、揚げても美味しいナスに
実はとっても健康に良い効能があるのはご存じですか?
美味しく食べて健康になりましょう♪

STEP1

STEP2<b/>【ナスの成分】</b>

ナスは約94%が水分ですが、ビタミンB群やCなどに、カルシウム・鉄分
カリウムなどの成分、さらに食物繊維などをバランス良く含んでいます。
ナスに豊富に含まれる食物繊維は、便秘を改善し大腸がんを予防したり
血糖値の上昇を抑え、糖尿病や肥満を防ぐ効果があります。
またナスには、皮に紫黒色の色素「アントシアニン」
一般になナスのアクと呼ばれるクロロゲン酸などの抗酸化成分
「ポリフェノール」が含まれています。
ポリフェノールには、体の老化を防ぐ、動脈硬化の予防
がんの発生・進行を抑制するなどの作用があります。

STEP3<b/>【ナスの効能】</b>

ナスは「へた」も健康に役立ちます。
歯痛や口内炎には、ナスのへたの黒焼きをつけると効果的。
軽い火傷には、冷蔵庫で冷やしたナスで湿布をすると炎症がおさまります。
また舌、唇のはれにはナスのへたを10日ほど干し、
カラカラになったものを患部にぬると痛みもとれます。
ナスには「コリン」という成分が含まれています。
この「コリン」は血圧を下げたり、胃液の分泌を促したり、
肝臓の働きをよくするなどの働きがあります。
また、血管を強くするので毛細血管からの出血防止の効果もあります。

STEP4<b/>【ナスのレシピ】</b>

1.ナスは一口大の乱切りにして水にさらす。調味料を合わせておく。

2.ナスの水気をふき小麦粉をまぶし、熱したフライパンに油をいれて
  しなっとなる位まで炒める。

3.弱火にし、合わせておいた調味料を入れる。

4.ナスにとろみがついたら火を止めてできあがり♪
  器に盛って小口切りにしたネギをふる。

まとめ

【アドバイス】

1.ナスは体を冷やすので暑い時に適量を食べるのは良いのですが
摂り過ぎには気を付けましょう。
出来れば、みょうが、しょうが、にんにくやとうがらし等。
体を温める物と一緒に取るとバランスが良くなります。

2.お酢と一緒に
お酢の疲労回復効果との相乗効果で、乳酸のたまりにくい体を作ってくれます。
酢漬けにして食べてもgoodですよ♪

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

必要なもの

【材料】 ◆なす 小3本 ◆しょうゆ 大さじ1 ◆砂糖 大さじ1 ◆酢 大さじ1 ◆しょうが 小1 ◆小麦粉 少々 ◆ネギ 少々 ※玉ねぎや豚肉などを合わせてもバランスも良く美味しいですよ♪

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ