育児中のお母さんに接するときのポイント

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:370
  • ありがとう数:0

はじめに

育児中のお母さんと接する機会があると、子どもばかりを構っている人を見かけます。
自分だったらどうされたいかを考え、頑張っているお母さんの心に寄り添うポイントをご紹介します。

STEP1<b/>【妊娠・出産】</b>

喜びの妊娠・出産を経験したお母さん、育児が始まると授乳・夜泣きで眠られない日が続きます。お父さんや家族の理解があると、とても穏やかになります。

STEP2<b/>【話しを聴く】</b>

健診時には、子どものことだけではなく、自分のことも聴いてもらいます。
保健師は、オールマイティーな職種です。
臆せず、話すことで気持ちが楽になります。

STEP3<b/>【愛情を確かめあう】</b>

子育てに忙しいと、ご無沙汰になる夫婦生活ですが、時々 お父さんも構ってあげます。
そうすると、育児に協力してくれるようになります。
子どもを含めた『Hug』は、家族の愛情を確かめられる有効な手段です。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ