野菜の皮の利用法

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

ふだんの食生活の中で、栄養を気にしている方は多いことでしょう。特に野菜は栄養価やその質を考えて重視されるものです。そしてその栄養を含んでいるのは皮。できるだけ食べるようにしましょう。

STEP1<b>野菜の皮について</b>

抗酸化物質ファイトケミカルは、病気の予防や健康維持に効果があるとされ、植物の皮に集中しているといわれてます。ファイトケミカルは体の老化を防止したり、がんの発生を抑制したりする効果もあるといわれています。
野菜の皮をむくことは、このファイトケミカルを捨ててしまうようなものです。大根、にんじん、ごぼう、じゃがいも・・・。できればむかずに食べるようにしましょう。

STEP2<b>皮以外の廃棄する部分の利用</b>

代表的なものは大根の葉ですね。お味噌汁の具やチャーハン、炒め物など、大活躍です。ぜひ捨てることなく食べるようにしてください。
ブロッコリーの茎やキャベツの芯は炒め物やあえものに利用できます。皮同様、こちらも利用するようにしましょう。また調理後のものに関しては、下記「野菜の皮の活用」にあるような活用の仕方もあります。

STEP3<b>ジャガイモは皮つきのままゆでる/蒸す</b>

ポテトサラダを作る時、じゃがいもの皮をむいてゆでたり蒸したりしていませんか?皮がついたままゆでたり蒸したりした方が、味がいいものです。ポテトサラダはどうしても皮をむかなくてはなりませんね。鍋から取り出して、皮をむくようにしましょう。包丁を使用することなく、簡単に皮がむけます。

STEP4<b>野菜の皮の活用</b>

上記のじゃがいものように、調理後出た皮。これを有効活用しましょう。野菜を栽培している方は、土に少し混ぜてみてください。野菜が元気に育ちます。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ