障害を持つ恋人を親に紹介する時のポイント

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:510
  • ありがとう数:0

はじめに

結婚の報告をしたいけど、反対されないか心配……。

STEP1<b>【二人で相談】</b>

結婚はお互いの気持ちが大切ですから、障害のある・なしで決める事ではないでしょう。ですが、実際に二人で生活を送るにあたっては、助け合って行かなければいけない事もあるでしょう。具体的にどんな風に生活を送っていくのかなど、これからの生き方について、二人で結論を出していれば、自信を持って話しに行くことが出来るでしょう。

STEP2<b>【健康について】</b>

結婚相手は、健康な人であって欲しいもので、親もそう思っている事でしょう。障害を持っていても、健康な人はたくさんいます。障害に限らず、病弱だったり、持病があったり、少しのハンデを抱えている人は多くいることでしょう。そんな人達を、中には不健康と決め付けてしまう人もいるかもしれません。そんな時は、ハンデを乗り越えて健康に生活しているということを伝えられると良いでしょう。

STEP3<b>【事前に説明】</b>

いきなり会って障害の事を伝えると、びっくりしてしまいプラスに考えられなくなってしまう親もいることでしょう。差別という訳ではなく自分の知識のない事には、誰しも驚いてしまうことがあるでしょう。前向きに報告を聞いてもらう為に、事前に話しておくのも良いでしょう。

まとめ

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ