大人ニキビの解決法を考える

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:424
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by kuroiusako
よく相談される大人ニキビ、正直「速攻で完治は難しい」ですが、大人ニキビを攻略した私が実施した策を紹介します。

STEP1非常に悩んでいる女性は多いのですが、

原因を追求するのも難しく、すぐに完治させるというのは難しいというのが正直なところ。
しかし、いくつか策を投じて、少し気長に良くなるのを待ってみましょう。

STEP2

そもそも、健康な肌であれば、表皮がしっかりカバーしているので、
外の刺激物質にもそんなに敏感に反応したりはしません。
しかし、大人ニキビができている状態では、バリア機能が低下しているため、
ありとあらゆるスキンケア品や化粧品の成分が刺激となってしまうようです。

ニキビを治そうと様々なアイテムを使用したり、隠すためにメイクが濃くなったりしがちですが、
酷いときほど可能な限りスキンケアやメイクはシンプルな方が好ましいと考えられるのです。

もしも可能であれば、
良くなるまで、朝晩に軽く水で洗うだけにして、
メイクもスキンケアも何もしないというのがベストなのではないかと考えています。
しかしながら現代女性には難しいですよね。

そこで、2週間~1ヶ月だけ我慢して、下記の方法を試してみませんか?

STEP3「普段の化粧は石けんで洗い流せるように」

クレンジングはスキンケアの中でも一番刺激が強いもの。
クレンジング回数を減らすことが重要です。
ファンデーションでカバーしたいところですが、
ベースメイクは思い切って『石けんで落ちるタイプの日焼け止め+お粉』にしてしまいましょう。
ポイントメイクはしても大丈夫。
マスカラはポイントメイクリムーバーで部分的にクレンジングしましょう。
ニキビが出来やすい頬につけるチークは、
クリームタイプよりパウダーのほうがフィット力が軽いのでおすすめです。

STEP4「スキンケアはシンプルに」

洗顔をした後のスキンケアはシンプルであればシンプルなほど良いと思われます。
美容液やパック、マスク、マッサージ等を止めてみましょう。
化粧水をつけ、保湿効果の高いクリームを優しくつけるだけでもスキンケアは充分です。
これらの成分は神経質になる必要はありませんが、シンプルなものを選ぶとよいと思われます。
(乳液よりもクリームのほうが保湿効果が高く、成分がシンプルなことが多いのでおすすめです。)

STEP5「使用するアイテムは清潔に」

メイク用のブラシやスポンジ、パフなどは定期的に洗います。
もちろんタオルなども清潔なものを使用しましょう。

STEP6「とにかく優しく」

肌を触るときの刺激にも注意しましょう。
洗顔の際はブラシやタオルなどは、繊維が刺激にもなるので、使用せずに手のほうがおすすめです。
また、洗顔や化粧水、クリームをつける際は擦らないようにしましょう。
メイクをする際も、ブラシや手で擦らないようにしましょう。

まとめ

あまり気にし過ぎるのもよくありません。
焦らずにゆっくり良くなるのを待ちましょう。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ