夏休みの自由研究・工作に! 「だんだん地図」の作り方

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

もうすぐ夏休み。子どもの自由研究や工作って、毎年何をすれば良いのか悩みます。ありきたりのものではつまらないし、あんまり手間隙がかかり過ぎると集中力が続きませんね。そこでこの夏、おすすめしたい「だんだん地図」をご紹介します。

STEP1【だんだん地図とは?】

・「だんだん地図」とは、スチレン・ペーパーをカッターで切り、重ねて木工用接着剤で貼って完成する立体地図です。

▼「だんだん地図」
http://www.nishimura-mokei.com/dandan/index.html

・この地図を販売しているのは、立体地図のプロ。よく博物館や資料館などに大きな立体の地図模型が置いてありますよね。あれを製作している会社。だからサイズも仕様も本格的です。

▼「㈱ニシムラ精密地形模型」
http://www.nishimura-mokei.com/index.html

STEP2【だんだん地図を作るには】

・「だんだん地図」は日本全図や北アルプス、富士山、三宅島、屋久島などの種類があり、それぞれ材料と作り方がセットになって販売されています。

・自分で用意するものはカッターナイフと木工用接着剤、ピンセットなど。カッターマットもあれば便利ですね。

・基本的には切って、重ねて、貼って…の繰り返しですが、完成したときは感動すること間違いなし。根気よく頑張ってみましょう。

STEP3【だんだん地図が完成したら】

・立体地図が完成して、余力があれば富士山なら富士山について、三宅島なら三宅島について調べ、その結果をまとめて添えると完璧です!

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


OKWAVE若者応援スペシャル企画

ピックアップ

ページ先頭へ