「滋養強壮・夏バテ防止!!」シャキシャキおいしい☆長いものおつまみ☆のつくり方

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

あまりにカンタンなので、すこし申し訳ない気持ちにすらなります(#^.^#) 【山うなぎ】と呼ばれることもある、夏バテ防止食材ですから、積極的に摂りましょう!!

STEP1〈はじめに(1人分)〉

長いもは、水で洗い皮をむいて、6~7cmほど切ります。それを、まな板に立つように置き、縦横に3~4等分にします。
ちょうど、豆腐を切るときに近い感じです。

STEP2〈そして〉

あとは、コポンとした小皿に、そのまま盛り付けます。
(おこのみで、かつお節を少々ふりかけてもよいでしょう)

STEP3〈いただきましょう〉

あとは、ゆずぽんを適量かけていただくのみです。なんてカンタンなんだぁ~!!でしょ!!
いまいち食欲がない時にも、これならきっと食べられますよ☆

STEP4〈アレンジしますか!!〉

カンタンすぎるので、お客様がいらした時には、少しだけアレンジしましょう。
〈はじめに〉で切った長いもを、3~4本ずつ生ハムにクルクルと巻きます。
彩りとして、水菜をそえたり、一緒に巻いてもキレイです☆彡そして、ゆずぽんでいただきましょう!!ミニトマトがあっても、よりキレイな色合いになりますね!!

STEP5〈さらにアレンジしちゃいます!!〉

より「おっしゃれ~☆彡」をお望みの方は〈アレンジしますか!!〉を、生春巻きの皮で巻いていただきましょう!!これを、お疲れのダンナさまや彼に、さりげなくプラスすると、食卓での会話もはずむのでは!!

なお「長いもが【山うなぎ】と呼ばれている」という表記につきましては、以下のサイトを参考にさせていただきました。
http://0141831.com/nagaimo/nagaimo-eiyou.html

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

必要なもの

・長いも ・ゆずぽん (・かつお節) (・生ハム) (・水菜) (・ミニトマト) (・生春巻きの皮)

特集


OKWAVE若者応援スペシャル企画

ピックアップ

ページ先頭へ