咳をしずめるハーブティーの作り方

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by sonorac
咳が止まらなくなると、なかなか寝付けないために体力を消耗し、風邪の治りも悪くなることがあります。 咳を止める効果が期待できるハーブティをお教えします。

STEP1のどにはタイムが最適

咳止めに役立つハーブといえば、タイムが代表的です。
有名なのどあめにもタイムは主成分として含まれていますね。
コモンタイム、クリーピングタイムなど各種のタイムがありますが、お勧めはレモンタイム。
レモンの香りが強いタイムなので、ハーブティにはぴったりです。

STEP2そのほかの効能があるハーブ

タイムのほかに、ミックスするとよいハーブはこちら。
レモンバーム:抗炎症作用、レモンの香り
カモミール:殺菌作用、リラックス、りんごの香り
ベルガモット:のどの痛みを鎮める、リラックス
ミント:清涼感、殺菌作用

STEP3咳止めハーブティの作り方

タイムをベースに、ステップ2の中からお好みのハーブを合わせてみましょう。
生またはドライのハーブに熱湯を注ぎます。(分量はお好みですが、熱湯500ccに対し、ドライならそれぞれ茶さじ1~2程度)
5分ほど経ったら、葉っぱを取り出し、飲みましょう。

まとめ

たくさんエキスを抽出したいからと、長く置きすぎると、苦味が出てしまいます。 飲みにくくなりますので、5分程度で葉っぱを取り出すのがおすすめです。 眠る前にゆっくり飲んで、のどを鎮め、リラックスしましょう。 冷やしておいて、咳が出始めたらすこしずつ口に含むようにするのも効きますよ。 Photo by 著者 OKGuide特集「医食同源!風邪に効く ぽかぽか簡単レシピ」

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

必要なもの

タイムの葉:お好みで生なら3枝から5枝、ドライならティースプーン1~2杯程度 熱湯:500cc その他のハーブ:レモンバームやカモミール、ベルガモット、ミントなどの葉

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ