夏本番!熱中症を防ぐ方法

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

節電の夏が始まりました。 エコ!エコ!といつても体調を壊されたり、熱中症にかかっては大変です。

STEP1「エアコンの設定温度を1度だけ上げて」

夏、企業や役所ではエアコンの温度を28度に設定しているところが多いようです。
しかし、年配者のご家庭ではエアコンを使わず熱中症にかかる方がおられます。無理をせず、今までの設定より1度だけ上げ細目にon/of、レースのカーテンで日差しを防いだり、扇風機を使いましょう。ロスナイでの換気もおすすめです。(節電効果もあります)

STEP2「電力の消費が落ちる夜間を使い」

お年寄りの中には、被災地の皆さんのことを思うと、我慢!と言われる方もおられます。そこで電力の落ちる夜間にたくさんの氷を作っては。氷は内かろ外から体を効果的に冷やしてくれます。脇の下に氷を挟むと、てきめん体温が下がります。寝苦しい夜、アイス枕は最高です。勿論、夜間でもお水の入ったポットを枕元に置き飲みましょうね。(お水はのどが渇く前に)

STEP3「栄養と適度の運動が不可欠」

暑い夏は自然と食欲が落ちます。日差し除けにベランダでキョウリやトマトを栽培しては、夏野菜には体を冷やしたり、夏バテ防止の効果があります。丹精込めて育てた野菜、きっとおいしく食も進むはずです。そして、涼しい時間帯には水筒持参しウォーキング。
元気に夏を乗り越えましょう。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


OKWAVE若者応援スペシャル企画

ピックアップ

ページ先頭へ