夏季の節約方法

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

今年から施行される電力制限令。電気だけではなく、他のものも節約しましょう。

STEP1<b>エアコンを極力使用しない</b>

消費電力の大きいエアコン。使用率を極力下げるには扇風機しかありませんね。
水で濡らしたタオルを首のあたりにかけて、風にあたりましょう。
首や手首などはクールダウンスポットと呼ばれています。脈打つ部位は血管が皮膚に近いため、そこを冷やすと効率よく体をクールダウンできます。

STEP2<b>制汗用スプレー/パウダーシート</b>

制汗用スプレーやパウダーシートはドラッグストアの店頭などで安く販売することが多いものです。安く売っていたら、ひと夏分まとめて購入しておくとよいでしょう。

STEP3<b>寒天を使ったデザートなどは手作りで</b>

乾物を専門に扱っている商店では徳用の粉寒天や糸寒天を販売しています。ちょっと手間がかかりますがこれを購入し、みつまめや牛乳かんなどを手作りしましょう。寒天は食物繊維を多く含むため、健康にもいいです。
もちろんデザートだけではなく、お惣菜に使ってもいいでしょう。

<寒天を使ったレシピ>
http://www.kantenpp.co.jp/recipe/cook/menu/html/index.html

STEP4<b>スーパーの氷をフル活用</b>

多くのスーパーが生鮮食品の持ち帰り用に氷を用意しています。この氷を捨ててしまったりせず、再利用します。少量の水を張ったボールに入れ、きゅうりやトマト、果物などを冷やしましょう。特に果物は冷蔵庫で時間をかけて冷やすよりも、短時間で冷やした方が甘みが落ちません。
ビールやワイン、ソフトドリンクを冷やしてもいいでしょう。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ