夏に移りやすい結膜炎の予防法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:487
  • ありがとう数:0

はじめに

楽しみにしていても、注意が必要です

STEP1◆夏の感染症

ウィルス性の感染症である結膜炎は、夏に良く発生します。
温かい時期を好む、ということと、プールなどを通して、
感染しやすいから、です。

結膜炎自体を事前に防ぐ薬は今のところありません。
うつらない、うつさない、が基本です。

STEP2◆発生しやすい場所

目の結膜炎とのどの結膜熱が代表的な症状です。

目の結膜炎は、ウィルスに感染して目が真っ赤になります。
充血や痛みを伴うので、傍目にもわかりやすいのですが、
潜伏期間があるので厄介です。

結膜熱は、風邪とは違い、ウィルスによる感染症です。
同じように熱やのどの痛みが出ますが、こちらも潜伏期間があります。

STEP3◆ひどくならないために

ウィルス性の物なので、タオルなどについていてもうつります。
家族で感染した人がいれば、別で洗濯をしたり、熱湯消毒するように
しましょう。
タオルを使うのではなく、使い捨てのものを使うことも効果的です。

安易に考えず、病院にかかるようにしましょう。
通学やプールに入ることを禁止される場合もあります。
医者の許可が出てから、通常生活に戻すようにしましょう。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ