熱中症を甘くみないポイント

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:0
  • ありがとう数:0

はじめに

本州では梅雨明けをし、暑さが本番になっています。 短い夏を楽しむも良し、屋外でクーラーと仲良くなるも良しです。 屋内でも落とし穴があるのです。そのポイントをご紹介します。

STEP1<b/>【体温】</b>

人の体温には、一定に保つ働きがあります。
体温が1度上下するだけで、さまざまな影響がでてきます。
手や足の血液の量を増やして体内の熱を逃がして汗をかきます。
汗をかくことで、体温を調節しています。
人の体の大切な臓器の適温は、37度です。

STEP2<b/>【屋外】</b>

屋外では、暑さ対策をしている人が大半です。
中には帽子を被っていない人を見かけますが、熱中症になる可能性があります。
女性は、広く紫外線を遮ってくれる日傘がいいです。
サングラスも効果があります。
子どもは身長が低いため、アスファルトからの熱(照り返し)を受けやすく、熱中症になりやすいのです。特に、注意が必要です。

STEP3<b/>【落とし穴ー屋外】</b>

屋内にいるからといって、油断してはいけないのです。
湿度が高かったり、風がなかったり、高齢や病気で汗をかきにくかったりすると危険です。
曇り空で直接、日差しが当たらなくても熱中症になる可能性があります。
節電対策で、電力不足が気になるところですが、エアコンや扇風機を上手く利用し、屋内にいても熱中症にならないようにします。

まとめ

●こまめな水分補給と睡眠・栄養に気を付けます。 ●めまい・立ちくらみ・筋肉のこわばり・頭痛・吐き気・倦怠感などを感じたら、熱中症を疑います。 ●屋外では、木陰などで休憩します。 ●呼びかけても返事がない時、直ぐに救急車を呼びます。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

必要なもの

万全な熱中症対策、屋内でも油断しない気持ち スポーツドリンク、タオル、帽子、保冷剤など

ピックアップ

ページ先頭へ