熱中症になった時の対応方法

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

熱中症になる人が多くなってきています。そこで、もし自分の周りで熱中症になったとき救急車が来るまで何をしたらよいかの対応方法です。

STEP1熱中症の症状

こむら返り、立ちくらみ、疲労感、頭痛、吐き気などがあります。
さらに進むと体温上昇や意識の喪失など
高温、多湿の中での症状ですが、同じ症状でも違うことが原因の場合もあります。

STEP2熱中症の原因

体内の水分や電解質が不足することにより、また、体温の調節が不能となることが原因です。高温、多湿の中で多く発生しますが、個人差も大きく28℃くらいの環境でも発生する場合があります。

STEP3熱中症の対応

軽度の場合は日陰で水分を取り休む程度で回復しますが、素人判断は危険なので、病院に連れて行く、救急車を呼ぶなど専門家の診断が必要です。軽度と思っていても体へのダメージが深刻な場合があります。

STEP4診断までの間

救急車を呼ぶ、または、病院に行くにしてもそれまでに時間がかかります。その場合は涼しい場所で休ませる。意識がはっきりしている場合は水分を補給する。ぬれたタオルなどで体を冷やす。太い血管があるところ(首や鼠蹊部)を冷やす。
水分はただの水より電解質を含むスポーツドリンクの方が吸収が早いです。
意識がない場合やうつろな感じの場合には無理に水を飲ませない方がよい。

まとめ

熱中症かな?と思ったら専門家の診断を受ける。 素人判断はしない。 水分や体の冷却を十分に行う。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

必要なもの

冷却するもの、水分

特集


OKWAVE若者応援スペシャル企画

ピックアップ

ページ先頭へ