暑中見舞いの書き方

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

暑中見舞いはいつ出せばいいの?
ルールはあるの?
知っていそうで、知らないことですね。

暑中見舞いとは

江戸時代に始まった習慣です。
夏の挨拶として夏負けを避ける食べ物を届けたのが始まりです。
明治以降に、久しく会う機会がすくない知人や目上の人に、ハガキでご機嫌伺いをしたものが習慣化されました。

暑中見舞いを出す時期

7月20日から8月8日までを「土用」といい、この時期に暑中見舞いを出すよう準備しましょう。

暑中見舞いの書き方

1.季節の挨拶
2.安否をたずねる言葉・自分の近況を伝える言葉
3.日付

この3つを書くようにします。
特に厳しいルールはありませんので、自分の言葉で書くとこちらの気持ちが相手に伝わりやすいですね。

残暑見舞い

目上の方から暑中見舞いが届いた場合や、夏休みにお世話になった方へのお礼状を兼ねてなどへのお手紙は、残暑見舞いを送りましょう。
8月23日~9月7日までが、残暑見舞いを送る時期です。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ