PMS(生理前症候群)の症状を緩和する方法

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

PMS(生理前症候群)の症状、女性にはとてもつらいですよね。
ひどい眠気、イライラ、過食、気持ちの落ち込み・・・
生理が来ると治ってしまうのに毎月やってくるこの症状を
緩和する方法を教えます。

STEP1PMS(生理前症候群)とは

PMS(生理前症候群)とは生理になる前の1週間-2週間くらい、排卵後から生理の期間の間、ホルモンのバランスが崩れることでおきる様々な症状のこと。
PMSは早くて20代から症状が出るとも言われています。

PMSが来る時期をしっかり知って対処していきましょう

PMSの主な症状
イライラ、眠い、気持ちが不安定になる、過食など

STEP2女性のリズムを把握する

自分の体のリズムを知らない女性は多いようです。
生理が来た周期以外に基礎体温を測って体温の動きを知ること。
排卵があるかないか、妊娠しているか、などもわかりますよ。

PMSが起きる時期は一番低い体温の排卵期から高温になり、次の生理が来るまでの期間。

あらかじめ時期を知っておくだけでも、心構えができているので
症状に深刻に悩んだりせずにすみます。

あぁ今イライラしているのはPMSなんだ、甘いもの控えよう、とか
考えることができますよね。

次は具体的な症状についての対応について

STEP3PMSの症状の対応について

食事で改善
穀類、野菜、ローフードなどを積極的に取り入れましょう

症状別対処法

イライラ
低血糖で起こることが多いようです。
ダイエットをしていてもこの時期は炭水化物を控えずに取ること。
おやつは全粒粉のクッキーなどもおすすめです。

眠気
ひどいようなら15分の仮眠でだいぶ良くなります。
仕事に影響が出るようなら婦人科へ相談を。

むくみや下腹部痛、腰痛
ラベンダーとゼラニウムをブレンドしたPMS用のマッサージオイルを使って
マッサージをすると緩和されます

あまりにひどいようなら
低容量ピルなどでかなり症状が緩和されます。
ただし、タバコを吸う人や血圧の高い人などは処方できないこともあります。
処方を受ける前に婦人科へ相談しましょう。

まとめ

PMSが来る時期をあらかじめ知って対処することが大切です。
自分の体を良く知って快適に過ごしましょう。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

必要なもの

基礎体温表 基礎体温計

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ