100円コスメ入門、乳液

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

 お肌に水分を補給したならば、今度は油分で逃がさないようにします。

STEP1■100円じゃないけれど

 普段から、かさつく部分に、料理中で手に付いたオリーブオイルや、コーヒーに入れるミルクを塗ってみてください。少しだけです。少しじゃないと、今度は逃がさなくちゃいけない汚れや汗が、その場に留まって、炎症を起こします。

 当然ですが、アレルギーのある方はしてはいけません。

STEP2■100円乳液の作り方

 とことん試供品を集めてきてください。100円の乳液に混ぜます。100円乳液は希釈液と考えてください。

STEP3■100円乳液の使い方

 ちょっと多目かなと思う量を手に取り、顔に塗りたくります。その上から、ティッシュを乗せ、ラップで覆います。ティッシュは分離させておいた方が、経済的です。

 ラップで覆う前に、唇にリップクリームを塗っておいたら、効率的ですね。100円のものを使います。塗ったら、そこにティッシュを乗せず、ラップで覆います。窒息しないよう気を付けてください。

 汗をかく前にラップを外します。次にティッシュで乳液と肌を馴染ませるよう、トントン叩いていきます。適当で良いです。

まとめ

トントン終了後は、顔の内側か外側に向かって、リンパマッサージをするように乳液を肌に塗り込んでください。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ