facebookを安全に楽しむコツ

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

便利で楽しいfacebookですが、使いようによってはとても危険なものになりかねません。

STEP1<b>【実名だから絶対安全?】</b>

facebookの一番の特徴は、実名で登録することにあります。実名だから発言に責任がもてて健全だ、安全だという面もありますが、反面、つい「うっかり」をしてしまうと、あっという間に個人情報がネット上に出回ってしまう可能性も出てきます。

STEP2<b>【プライバシーは自分で守るべき】</b>

facebookでは、どこまで公開するかの設定をすることができます。設定によっては、自分の投稿した内容や写真が全ユーザーに公開されたり、友達の友達という見ず知らずの人にまで見られたりしてしまいます。facebookもインターネット上にあるサービスの一つです。一度ネット上にアップすれば、その投稿や写真は、自分の手を離れてネット中に広がってしまうこともあります。
写真や投稿を悪用されないためにも、お店やなにかの商売をしているのでなければ、基本的に「友達のみに公開」に設定しておくのが安心です。また、友達申請をされても、まったく知らない人と友達になるのはやめておきましょう。

STEP3<b>【発言には責任を持つ】</b>

友達あてだから、ただの冗談だからと何気なく書いた投稿が、大きな問題を起こすこともあります。うっかり発言から、内定取り消しや退学騒ぎになった例もあるのです。
友達だけに公開していたとしても、どこからどう漏れていくかわかりません。社会的に問題のない内容か、誰かを傷つける内容ではないか、投稿前にもう一度読み直してみてください。

まとめ

facebookに限らず、友達ぐらいしか見ていないだろうと、ブログやSNS、ツイッターなどで不用意な書き込みをする人は少なくありません。一度ネットに上がった情報は、消しても誰かにコピーされて拡散されれば、その後も人の目に触れ続けます。自分や家族の安全のためにも、慎重に慎重を重ねて、利用するようにしましょう。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ