パリの美術館に無料で入る方法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:6208
  • ありがとう数:0

はじめに

円高・ユーロ安のいまの時期を利用して、ヨーロッパへ旅行する方も多いと思います。なかでも、パリは人気です。最近はパックツアーよりも個人で行かれる方が多いと思いますが、美術館に無料で入れる方法を知っておくといいでしょう。同行者(彼氏? 彼女?)にもちょっとパリ通なところを見せられます。

STEP1

パリ市が運営する15の美術館・博物館はもともと入場無料です。

STEP2

ルーヴル美術館やオルセー美術館など、国立の美術館は、毎月第一日曜日が無料デーです。そのほか、7月14日の革命記念日、9月半ばの文化遺産の日なども無料になります。日程的にタイミングがあえば、この日を狙うとお得です。無料の日だからといって特別混むことはありません。開館時間より30分ぐらい前に行って並んでいれば、すぐ入れます。

この無料の日を設けているのは、ルーヴル、オルセーの他、オランジュリー、ピカソ、ポンピドゥー、ロダン、ケ・ブランリー、建築遺産、ギュスターヴ・モローです。個人的には、モネの睡蓮があるオランジュリー美術館、ピカソの傑作がものすごい量集められたピカソ美術館、庭が素敵なロダン美術館が、おすすめ。

まとめ

パリの美術館には無料の日があります。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ