南国フルーツ『キワノ』のおいしい食べ方

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:28105
  • ありがとう数:0

はじめに

黄色い表面にゴツゴツしたトゲを持つキワノ。
ウリ科の植物でキュウリの仲間で、『ツノニガウリ』や『ツノメロン』とも呼ばれます。

サッパリとした味とみずみずしさが特徴です。
甘みの少ないツワノを美味しく食べる方法を紹介します。

STEP1<b/>■ 味の特徴</b>

甘味は少なくさっぱりした味。ほのかに爽やかな酸味があります。
水分を多量に含み、いかにも南国といった感じの果物です。

中には薄緑色のキレイな色をした果肉と種がびっしり入っています。
果肉はプルプルとしたゼリー状。
その食感の楽しさと見た目の美しさがキワノの魅力です。

STEP2<b/>■ 選び方と食べる時期</b>

購入する時は、皮にハリがありツノが折れていないものを選びましょう。

熟してくると、黄色が少しオレンジ色になります。
表面が少し柔らかくなってきたら食べ頃です。

STEP3■ 食べ方 ~そのまま食べる~

半分に切って、中身の果肉をいただきます。
見た目が美しいので、半分に切った状態をそのままお皿に乗せるのもオススメです。

味が物足りない時はハチミツや砂糖をかけると美味しく食べられます。

種も食べられます。果肉と一緒に飲み込んで大丈夫です。
もし種が口に残って気になるときは出しましょう。

STEP4■ 食べ方 ~他の食材とあわせる~

キワノはヨーグルトとの相性がとても良いので、ぜひヨーグルトに入れて一緒に食べてみましょう。

デザートやジュースにもよく合います。
いちごやベリー系のジャムに混ぜたり、ゼリーにしても美味しく戴けます。

他にもサラダに合わせたり、ドレッシングに混ぜると見た目もキレイで楽しめます。

まとめ

日本ではまだまだマイナーですが、実は健康効果の高い食材です。

カリウムやマグネシウムなどを多く含み、骨を強くする効果があります。
また、食物繊維も豊富で、腸の働きを良くします。

機会があればぜひ一度食べてみてください。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ