種類別 自転車を選ぶ時のポイント

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

自転車には様々なタイプがあります。 どのような利用をするのか、どのような時に乗りたいのかを考え、自分のライフスタイルにあった自転車を選びましょう。

STEP1<b/>◆ 一般用自転車 ◆</b>

通称ママチャリとも呼ばれる、最も普及している自転車です。

通勤・通学・買い物・お出かけ、どのような状況にもオールマイティーに利用できます。

カゴが付いているので、荷物を運ぶのに適しています。
後輪側に追加でカゴを取り付けることも可能です。

比較的に安価なものが多く、購入しやすいのも特徴です。

STEP2<b/>◆ スポーツ用自転車 ◆</b>

走りやすさ・乗り心地・スピードを重視するならこちら。

サイクリングや長距離移動にも向いています。
格好よさやオシャレ感を求める人にもオススメです。

スポーツ用自転車には多くの種類があります。
舗装された一般的な道路を走るのであれば、ロードバイクのスピード感とマウンテンバイク丈夫さを合わせ持つ『クロスバイク』がオススメです。

カゴが付いていないので、通勤・通学などに利用する際は、背負うタイプのカバンや肩掛け型のものを利用しましょう。

人気があり盗まれやすい自転車なので、鍵はしっかりしたものを選びましょう。

STEP3<b/>◆ 折りたたみ式自転車 ◆</b>

自宅に自転車置き場が無い人にオススメの自転車です。

折りたたんでカバーをかければ、そのまま電車やバスなどを利用できるのも魅力です。

メーカーや種類によって、乗り心地や折りたたみやすさに差があります。
できれば購入前に実際に試させてもらいましょう。

また、タイヤの小さいものは長距離には向かないので、購入時には注意しましょう。

スポーツ用自転車と同じくカゴが付いていないので、通勤・通学などに利用する際は、背負うタイプのカバンや肩掛け型のものを利用しましょう。

まとめ

自転車は単なる移動手段としてだけではなく、スポーツとしての利用やダイエットの一環として利用されることもあります。 自分にあった使い方を探して、自転車を楽しみましょう。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ