Linux 文字コード変換コマンド

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:869
  • ありがとう数:0

はじめに

ファイルの文字コードを自由に変換する方法です。

STEP1構文

nkf オプション ファイル名 [> 出力ファイル名]

STEP2オプション一覧

オプション意味
-j(省略可能)JISコード(ISO-2022-JP)を出力
-eEUCコードを出力
-sShift-JISコードを出力
-wUTF-8コードを出力(BOM無し)
-Luunix改行形式(LF)に変換
-Lwwindows改行形式(CRLF)に変換
-Lmmacintosh改行形式(CR)に変換
-g(--guess)自動判別の結果を表示
--overwrite引数のファイルに直接上書き
--versionバージョン情報を表示(インストール済チェック)

STEP3使用例

* 文字コードチェック

# nkf -g example.csv
Shift_JIS

* 文字コード変換(UTF-8)

$ nkf -w --overwrite example.csv

* 変換されているかチェック

# nkf -g example.csv
UTF-8

STEP4文例

* 文字コード変換(JISコード/ISO-2022-JP)

# nkf -j --overwrite example.csv

* 文字コード変換(EUC-JP)

# nkf -e --overwrite example.csv

* 文字コード変換(Shift-JIS)

# nkf -s --overwrite example.csv

* 文字コード変換(UTF-8)

# nkf -w --overwrite example.csv

* ディレクトリ内txtファイル全てを、文字コード→UTF-8、改行→unix形式(LF)に変換

# nkf -w Lu --overwrite *.txt

* ディレクトリ内txtファイル全てを、文字コード→Shift_JIS、改行→windows形式(CRLF)に変換

# nkf -s Lw --overwrite *.txt

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ