<Microsoft Word>1つの文書中に異なる書式を設定する方法 ~セクション区切り~

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

長い文書を作成していると、途中で違う書式のページを入れたくなる場合があります。 レイアウトを自在に設定できると、視覚的に有効な文書を作成できます。 セクション区切りを覚えましょう。

STEP1<b>セクション区切りを使用するとできること</b>

・セクションごとにページ番号を振りなおす
・セクションごとに異なるヘッダーやフッターを使用できる
・ページごとに用紙の向きが異なる書式を使用できる、縦書き/横書き文書を切り替える。

STEP2<b>セクション区切りの種類</b>

セクション区切りにはいくつか種類があります。

★次のページから開始
 次ページから書式を切り替えたいときに選択します。

★現在の位置から開始
 1つのページに複数の書式を設定したい時に。
 たとえば1ページの上側を2つに分割(段組み)し、下側を通常のレイアウトにしたい場合などに。

★偶数ページから開始または奇数ページから開始
 製本用の文書などを作成する時に。

STEP3<b>セクション区切りを入れる</b>

区切りを入れる行にカーソルを置いてください。
[ページレイアウト]タブの[ページ設定]グループにある[区切り]と書かれたアイコンをクリックし、[セクション区切り]のグループより、上記の種類の中から選択をします。

STEP4<b>セクションを設定したら</b>

異なるセクションであれば、書式設定や文書設定などを自由に変えられます。

STEP5<b>セクション区切りを削除する</b>

あやまってセクションを設定してしまったら、以下の方法で削除を行います。

「セクション区切り」の記号の左外側をクリックし、セクション区切りの記号全体を選択してください。
その状態で[Delete]キーを押すと、セクション区切りが削除されます。

まとめ

慣れないうちはとまどうことが多いセクション区切り。 何度か設定しているうちにわかってきます。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ