Linux ランダム文字列生成コマンド

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

新しいパスワードをランダムに自動生成するコマンドです。

STEP1オプション意味

-l生成されるパスワードの長さを指定します。このデフォルトは9です。
-dパスワード中に含まれるべき数字の最低文字数を指定します。デフォルトは2です。
-cパスワード中に含まれるべき小文字の最低文字数を指定します。デフォルトは2です。
-Cパスワード中に含まれるべき大文字の最低文字数を指定します。デフォルトは2です。
-sパスワード中に含まれる特殊文字の最低文字数を指定します。デフォルトは1です。
-pパスワードをセットするプログラム名です。
デフォルトにおいて、/etc/yppasswd が現在使われていたら、別のやり方として/bin/passwd が使われます。
-2パスワードを入力する際に、右手と左手で相互に入力できる文字を選びます。
-vパスワード設定の相互作用を目に見えるようにします。デフォルトは抑止です。

STEP2引数

ユーザ名を付けて実行した際には、そのユーザにパスワードを割り当てます。

# mkpasswd ユーザ名

使用例

全体として10文字で、その文字列中に数字を5文字、英大文字を5文字 入れたパスワードを生成する場合

# mkpasswd -l 15 -d 5 -C 5

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ