タモリさんが考案したうまいと評判の『豆腐丼』の作り方

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by midori3188
以前、フジテレビの「笑っていいとも」で紹介されたタモリさんが考案した豆腐を使った『豆腐丼』がネット上で話題となっています。
食欲が無くなりやすい暑い日にサラサラとご飯が進みます。今回、そんな『豆腐丼』の作り方を紹介します。

STEP1<b>下準備</b>

・ネギは小口切りにしておく。
・いぶりがっこ(タクアン)を小さく刻んでおく。
 ※いぶりがっこ:秋田県の漬物です。なければ市販のタクアンでOKです。
・豆腐は水気を切っておく。

STEP2<b>作り方</b>

①ボウルに豆腐を入れて箸でぐちゃぐちゃにする。
②①の中に、下準備しておいたネギとゴマ、いぶりがっこ(タクアン)をいれ、
 よく混ぜる。
③②後、醤油でお好みの味に調整する。
④③後、器に盛ったご飯の上に、③の具を載せ、温泉卵を載せればできあがり!

STEP3<b>食べ方</b>

温泉卵をつぶしながら、一気に食べます。
ふわふわの豆腐とこりっとしたいぶりがっこ(タクアン)の甘みが絶妙でさらさらと勝手に箸が進みます。

お好みで、みょうがを刻んだもの、青シソを刻んだ物を入れると風味の強い薬味が加わって、さっぱり感と食欲が増します。

まとめ

いぶりがっこは通常、お家に常備されていることはないことが多いですが、市販のタクアンで十分おいしく仕上げることができます。夏の暑い日に是非おすすめします。

参考にしたサイトのURLはこちら⇒
http://rocketnews24.com/?p=107029

掲載画像⇒
Photo by midori3188

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

必要なもの

<材料> 豆腐 いぶりがっこ(タクアン) 醤油 ネギ ゴマ ご飯 温泉卵 ※量は全て適量です。とても簡単な料理の為、分量は公表されていません。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ